エリアマーケティング Area Marketing

エリアマーケティングについて


エリアマーケティングとは、地域ごとの特性に応じたマーケティングを行うことです。
当社では、「国勢調査、商業統計、年収階級別世帯数推計」等のデータを搭載したGIS(地理情報システム)を駆使し、データを表示しながらお客様のマーケティング活動のお手伝いをいたします。


マーケティング参考例


1、店舗中心にお店ごとで分析

店舗を中心とした距離円や到達圏をもとに、配布エリアの決定を行います。
配布エリアを選定する基本的な資料となります。

2、メッシュデータ分析(人口、世帯分布)

国勢調査のデータから、人口や世帯分布、年収別分布などお客様のpターゲット層に合わせたエリア分析が可能です。メッシュデータでは全体像を把握するのに適しています。

3、町丁目で分析(人口、世帯分布)

国勢調査のデータから、エリア分析を行います。メッシュデータよりも町丁目マップでは細かな配布を行うときのエリア指定に効果的です。

4、その他資料から分析

既存の店舗、新しく店舗を出す時の候補地の周辺地域の人口構成・年齢構成などを分析してレポート化及び居住環境のクラスター分けをして地域特性を分析します。
西鉄天神駅周辺商圏レポート(左図)
レジデントキャラクター(下で説明)など


レジキャラの導入


読売西部アイエスでは、2015年国勢調査データを用いたエリアクラスターデータ
「レジデント・キャラクター」をご提供」できるようになりました!!!!

「レジデント・キャラクター(通称レジキャラ)」とは、‶居住環境が似通った地域内には、同じような消費志向を持つ生活者が集まる傾向がある” という前提のもと、地域を分析、類型化を行い、独自の解釈を加えながら開発したエリアクラスターデータのことです。
日本全国の地域を約30のクラスターに類型化しており、弊社では、レジデント・キャラクターを地図システムで表示し、地域特性を分析することができます。

また、小売施設周辺の住民像を把握したり、広告のターゲット検索を効率的に行って折込の反響率アップを図ったり、御社のエリアマーケティングにご活用いただけます!



レジデントキャラクター構築の流れ

エリアクラスターデータ資料(pdf)


お問い合わせ


PAGETOP