新聞広告

新聞広告の役割

■「確かな」信頼性とともにある広告

膨大な情報が錯綜するいま、改めて新聞の情報が見直されています。
私たちは日々フェイクニュースと正確な情報を見極めています。
その中でも新聞は正確で信頼性がある情報が整理された媒体です。
もちろん掲載される広告においても、厳格な審査があります。
新聞広告は「確かな」広告をお届けいたします。

■「日々」とともにある広告

毎朝、日本全国のご家庭のポストまで届く広告は新聞広告のみです。
新聞独自の配達網を構築、唯一無二の媒体です。
多くの人にとって1日は「あさ」はじまります。
そんな朝に最初に目にする情報、広告の接触時間を最大に活かせます。
新聞広告は日々、1日のスタートとともにあります。

■「公共性」とともにある広告

新聞は真実を追求し、公正な知識や教養を普及する役割があります。
インターネットの普及によって、興味関心がある事はもちろん、社会性の
ある情報までも任意で検索していく時代になったいま、新聞の公共性が
果たす役割は以前にも増して大きくなりました。
新聞広告は広く、多くの人に見てもらえる広告です。

新聞広告の詳細はこちら

掲載例

 


読売新聞 西部本社版 2019年12月26日掲載 小林市様 旅企画


読売新聞西部本社版記事と
記事下広告の相乗効果で自治体の魅力をPR

読売新聞編集企画「旅」では宮崎県小林市の魅力を紹介した。小林市は宮崎県北部に位置し豊かな自然と食材に恵まれた自治体。記事では夜空に包まれるキャンプ場、「小林市ひなもりオートキャンプ場」を取り上げた。キャンプ場では満天の星空はもちろん、その土地ならではの食材やお酒も楽しみの1つ。最近はソロキャンプも増えてきているという。冬場でも予約でいっぱいになることもある。

そんな満天の星空や、新鮮で美味しい食材とじっくり向き合える小林市のキャンプ場への「旅」を紹介する編集記事下に、小林市の豊かな食材に魅了された地井シェフの料理を誘う「食の旅」をモチーフにした全5段広告が掲載された。

地井氏はフランス、オーストリア、スイスの日本大使館公邸料理人を歴任、平成29年に小林市食と農の魅力創生シェフに着任した実力派。食材の宝庫小林市で和モダンなフレンチを生み出している。編集記事下掲載により広告の相乗効果を狙った。(※「旅」企画は現在連載終了しています。)

 


読売新聞 西部本社版 2019年11月2日掲載 一般社団法人長崎県観光連盟様 対馬観光促進企画


 

街歩きツアー体験記で伝える「国境の島」の魅力
読売新聞15段広告

自然と歴史が残る島、長崎県・対馬を作家・中山智幸氏が訪ね、島歩きガイドツアー体験をレポート。史跡の数々や雄大な自然に触れ、対馬の魅力を伝えた。国境の島・対馬はかつて国土防衛の最前線だった。中山氏は実際に現地を歩き、史跡を見ていく事でその重みが増したという。裾に縋りつき泣く、母親のいない子どもを置いてきた防人の歌は、想いをくみ取っていたつもりでいたが、初めて胸の奥まで染み込んだ。万松院には歴代徳川将軍の位牌が置かれている。山頂から優美なリアス式海岸を一望できる城山トレッキングも魅力の一つ。かつてそこに生きた人々も目に焼き付けていた光景だ。歴史や雄大な自然を満喫した後は、ご当地料理「石焼」で地魚やジビエに舌鼓を打った。2日間の対馬島歩きガイドツアー体験を記事体広告10段で表現、下全5段には宿泊割引キャンペーンの購入方法・利用方法をわかりやすく告知、対馬の魅力を伝え「訪れてみたい」と思わせる1頁となった。

 


読売新聞 西部本社版 2019年12月14日掲載 福岡県弁護士会様


市民フォーラム開催と新聞広告をセットした市民向け広報活動

老後の不安をなくし、安心して暮らすための方策を考える市民フォーラム「安心の設計~弁護士と考える人生のエンディング」が福岡県弁護士会主催、読売新聞西部本社の主催で2019年11月23日、福岡県弁護士会館(福岡市中央区)で開催された。フォーラムには約200名が参加。 同会の弁護士や専門家が遺言や成年後見制度などについて詳しく解説、参加者は人生の終わりに備える「終活」をめぐる議論に耳を傾けた。

フォーラムの模様は同年12月14日の読売新聞西部本版朝刊に掲載された。福岡県弁護士会は採録紙面の下全5段広告を出稿した。広告では同会が福岡県内の法律相談センターで平日毎日行っている弁護士による法律相談のお知らせや同年3月に完成した新しい弁護士会館の概要を広く告知した。 同会では市民向けに様々な広報活動を実施しているが、メディアとのフォーラム共催と新聞広告による立体的活動に展開した事例となった。

 

新聞広告掲載までの流れ


  • 読売新聞に広告を掲載したい

    ご希望の広告掲載エリアや広告内容、広告枠によって
    さまざまな商品、企画をご用意しております。

  • 当社にお問い合わせください

    読売西部アイエス 企画広告部 (092)722-4027へ
    お電話ください。

  • 打ち合わせ

    広告内容、エリア、スペース、実施時期、お見積り、
    掲載までのスケジュール等、打ち合わせをいたします。

  • 原稿制作

    制作要綱に沿って原稿制作を行います。
    入稿サイズ、形式などにご注意ください。
    制作が必要な場合ご相談ください。対応いたします。

  • 原稿審査・入稿

    原稿ができると、新聞広告の審査基準に基づき審査を行います。
    数日間かかる場合もあるのでスケジュールに
    余裕を持つことをお勧めします。

  • 新聞に掲載

    新聞掲載後に、掲載紙面をお届けいたします。



お見積もり・お問合せ


PAGETOP