記憶に残る
アイエス社員に

MIKI KOSE 古瀬 美樹

業務支援部支援課 主査 / 2005年入社

PERSON 先輩社員の紹介

なぜ読売西部アイエスを選んだか?

読売西部アイエスに入社できたことは、私の人生で幸いなことです。私は地元九州での勤務を望んでいましたが、関西の大学に通っていたため、九州の求人情報はあまり得られませんでした。就職活動を続け福岡のハローワークへ行った際、偶然アイエスの新卒求人情報を見つけました。私は、元々アイエスのような「広告代理店」志望だったわけではありませんが、周りの複数の友人が志望していたこともあり、軽い気持ちで「広告代理店」に業種を絞って検索してみたのです。勤務地が九州と山口・島根に限られるアイエスは希望通りの企業でした。また、アイエスは主に折込広告を扱っている会社です。私は卒論で、【既婚女性が子育てや仕事などの様々な制約がある中で、どのような買物活動をしているのか】について調査し、時間軸や地理的な視点でまとめました。既婚女性にとって身近な折込広告。この会社で、学生時代に学んだことを役立てたいと考えました。勤務地の希望が叶い、さらに学生時代からの興味関心とアイエスの業務内容も合致。その結果、2005年の入社から現在まで、楽しく勤務を続けることができています。

これまでの経歴・業務について

これまで、折込広告営業・営業支援・マーケティング業務・総務部など、幅広く経験しました。現在所属している業務支援部では、営業所間の確認業務や、関連会社への折込発注、経理関連の業務を担当しています。営業所や関連会社との窓口となりますが、相手方の担当者と顔を合わせる機会はほぼありません。そのため、電話の際は明るく元気よく、そして丁寧な対応を心がけています。時に、過去担当していた取引先の方が、私の名前を思い出して、「吉川さん(旧姓)は今もアイエスで元気にしている?」と、現在の営業担当者に尋ねてくださることもあります。お客様の記憶に残るようなアイエス社員になれているのなら、とてもうれしいです。

一日のスケジュール

7:30 子ども達を保育園へ
小学生の子を見送ったらすぐに保育園へ移動。私も周りの保護者も常に小走りです。
9:30 出社
通勤の間は唯一のひとり時間。当日の業務内容と進め方を考えます。
10:30 日常業務
営業社員の手配業務フォローや請求書締め作業を行います。
12:30 昼食
社員食堂で昼食。銀行など平日にしかできない用事を済ますこともあります。
17:30 退社
毎日集中!定時に業務を終えるように努めています。
18:50 子ども達のお迎え
滑り込みで19時閉園の保育園と学童保育へお迎え。自宅で子どもと過ごす時間は、朝夕合わせて4時間弱。慌しくも毎日充実しています。

読売西部アイエスで
今後チャレンジしたいこと・夢は?

低年齢児を育てている私は、業務にかけられる時間に制約があり、急な欠勤・早退も度々です。これまでも仕事が中途半端になり、周りに迷惑をかけたことが多々あります。そのため、限られた時間内に効率よく進め、素早く完結させることを目標に日々取り組んでいます。また、常に前倒しで業務を終わらせるよう気を付けています。ありがたいことに周囲の理解・協力があり、色々と試行錯誤しつつ、先輩方とも相談しながら、毎日踏ん張っています。「アイエスでなら仕事も子育てもできるかも。」叶うなら、これから様々なライフイベントを経験する後輩たちに、一つの働き方の例を示すことのできる先輩になりたいと思います。

就職活動を迎える学生のみなさまへのメッセージ

会社員だった母親の影響もあり、私は人生の長きにわたり仕事を続けたいと考えています。幸いにも、結婚後には、三度の育児休業を取得し、読売西部アイエスで働き続けることができています。それは、会社や周囲のメンバーの理解と配慮、サポートがあるからです。本当にありがたいことです。特に女性は、結婚や出産、育児、介護などの様々なライフイベントに際し、柔軟に働き方を変えていかなければなりません。皆さんはこれから、自分の気持ちをしっかり見つめ続けてください。譲れない条件を明確にして、その都度その都度、自分の手で最善を選び取って欲しいと思います。